ミャンマー政府による1000MW太陽光発電計画、4月から発電開始へ

【政治】【社会】 2021114

 ミャンマー政府が進めている1000MW太陽光発電計画に関し、2021年4月に一部の太陽光発電所が完成し、中央送電網に電力が供給されることがわかった。電力・エネルギー省傘下の発電公社、持続可能エネルギー・水力発電局のゾー・モー・ウイン技術部長が発表したもの。MYANMAR TIMESが伝えた。

 電力・エネルギー省によると、発電能力が30~50MWの太陽光発電所を2025年度までに30か所建設する計画があり、マグ...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。

今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能!

Premium2007

最新記事一覧