ミャンマー産のローゼルハーブティーを米国へ初輸出

【経済】 2021114

 ミャンマー産のローゼルハーブティーが初めて米国へ輸出されたことがわかった。ナラ・グリーンティー社が発表したもので、7Day Dailyが伝えた。

 初めて輸出されたローゼルハーブティーの価格は1箱75g入りが約2米ドルで、1,000個が米国に空輸されたという。ナラ・グリーンティー社のチョー・ティハ社長は「米国にサンプルを送ったところ好評だったので、本格的に輸出することを決断した。これが成功すれば、ミャンマーの新しい輸出品となり、農民の就労機会が増え生活水準も向上するだろう」とコメントした。

 ローゼルハーブティーは、疲労回復や心臓病や高血圧、糖尿病にも効果があると言われている。

Premium2007

最新記事一覧