RCEPに参加でミャンマー製造業が優位に、オックスフォード・ビジネス・グループが発表

【経済】 20201127

 世界的な経済調査会社であるオックスフォード・ビジネス・グループ(OBG)は、ミャンマーがRCEP(東アジア地域包括的経済連携)に合意・調印したことにより、同国が製造業において優位な立場になるとの予想を明らかにした。MYANMAR TIMESが伝えたもの。

 RCEPはアセアン10か国と日本、中国、韓国、オーストラリア、ニュージーランドの15か国が合意したもので、人口やGDPの3割を占める世界でもっとも巨大な自由貿易協定となる。この協定により、関税の削減・撤廃が進み、...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。

今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能!

Premium2007

最新記事一覧