労働者層の生活困窮、ミャンマーの最低賃金改正が急務

【社会】 2017817

ミャンマー労働組合総連盟は、現行の最低賃金である日額3,600Ksでは生活が困難であると発表した。同連盟はヤンゴン管区のモービー、南ダゴン、ラインターヤー、シュエピーター、ミンガラードンの各工業団地で就業中の労働者からアンケート調査した結果をまとめた。
調査結果によると、1日の平均支出は4,500Ks~5,200Ksで、最低賃金では生...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧