ミャンマー初のコンテナ専用列車が運行開始

【ローカル】【社会】 2017816

ミャンマーで初となるコンテナ専用の貨物列車が、8月4日から運行が開始された。
ヤンゴン市内のワーダン駅からマンダレー市内のパレイ駅を結ぶもので、当面はワーダン駅を毎週金曜日に出発、復路はパレイ駅を毎週月曜日に出発する週1往復。11両編成で運行するが、需要を見て増便、増結する方針。
料金は、貨物1トン・1マイルあたり30Ksと設定し、24時間以内の輸送所要時間を目指している。
[7Day Daily] 2017/8/6

center_bn_premium

最新記事一覧