ヤンゴン証券市場に上場のFMI、外国人の株式購入を停止

【マーケット】【経済】 2021210

 ヤンゴン証券市場に上場のファースト・ミャンマー・インベストメント(FMI)が外国人の株式購入を停止したことがわかった。MYANMAR TIMESが伝えた。

 ヤンゴン証券市場によると、上場各社の外国人購入枠はFMI:12.6%、ミャンマー・ティラワSEZ・ホールディングス:4.5%、ファースト・プライベート銀行:31.5%、TMHテレコム:4.5%、EFR:1.35%となっている。ミャンマー・シチズン銀行は、外国人購入枠を設定していない。

 ヤンゴン証券市場の発表によると、FMIは外国人の購入枠として12.6%(417万株)を上限として設定していたが、すでに購入枠を超え13.464...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。

初回に限り7日間完全無料・いつでも解約可能!

CP210818

最新記事一覧