コロナワクチン購入募金、1週間で10億円分の寄付が集まる

【新型コロナ】【社会】 2021120

 ミャンマー政府が新型コロナウイルス用のワクチンを購入するための募金を開始したところ、1週間で10億円分の寄付が集まったことがわかった。COVID-19ワクチン購入基金管理委員会が発表したもの。7Day Dailyが伝えた。

 発表によると、ミャンマー政府が1月5日に募金開始に関する情報を国営新聞などを通じて発表したところ、1月6日から12日までのわずか1週間で大口寄付者728人から100億Ks(約8億円)と200万米ドル(約2億円)の寄付が集まったという。ミャンマー政府は国庫から2億5,000万米ドルと10億Ksを拠出し、2020年12月30日にCOVID-19ワクチン購入基金を設立している。

Premium21022

最新記事一覧