ミャンマーで食用パーム油の価格が高騰、業界団体が価格安定を申し合わせ

【ローカル】【経済】 2021118

 ミャンマーで食用パーム油の価格が高騰していることから、業界団体が安定供給と価格維持のために申し合わせを行ったことがわかった。ミャンマー食用油商人協会・食用油事業者協会(MEODA)が発表したもの。Day Dailyが伝えた。

 同協会のサン・リン会長は「マレーシア製の食用パーム油の価格が高騰している。これに乗じて、在庫の出し惜しみや温存している業者がいるため、故意に価格を吊り上げることがないように加...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。

初回に限り7日間完全無料・いつでも解約可能!

Premium21022

最新記事一覧