ミャンマー中央銀行、金利を0.5%引き下げ

【経済】 2020318

 ミャンマー中央銀行は3月12日、政策金利を10.0%から9.5%に引き下げると発表した。4月1日から実施される。7Day Dailyが伝えたもので、政策金利の変更は2012年以来、8年ぶり。

 金利の引き下げは、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な感染拡大に起因するミャンマー国内経済の落ち込みを抑制する目的で行うもので、ミャンマー商工会議所連盟(UMFCCI)が2月29日に政府に対して金利の引き下げを要請していた。今回の措置により、市中銀行の預金金利の下限は8.0%から7.5%...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

premium_ad

最新記事一覧