ミャンマーの観光ビザ免除後、日本人3,400人がノービザで入国

【観光】 20181119

 10月1日から開始された日本人と韓国人観光者に対する入国ビザ免除後、10月31日までの1ヶ月間に日本人観光客の入国者は3,400人となったことが明らかになった。The Daily Eleven紙が伝えた。

 ホテル・観光省の発表によると、この1か月間の入国者数は日本人:3,400人、韓国人:3,200人、中国人:2,600人。ホテル・観光省のミィン・トゥエー副局長は「欧米メディアによるラカイン州問題の非難キャンペーンにより欧米諸国からの観光客が減っているが、入国ビザ免除により日本人や韓国人の観光客は増加している」とコメントした。

TCCI181214

最新記事一覧