外国銀行に対する規制緩和、ミャンマー中央銀行が来週にも声明を発表

【経済】 20181116

 ミャンマー中央銀行の幹部は、外国銀行に対する規制緩和に関して来週にも新たな声明を発表すると発言した。7Day Daily紙が11月12日に伝えた。

 同幹部によると、中央銀行は11月8日付で外国銀行による国内企業への融資を初めて許可したが、返済利息の設定など詳細がはっきりしなかったため、来週に追加で声明が発表されるという。中央銀行の外国銀行に対する規制緩和により国内銀行から憂慮する声が上がっているため、利息の設定は国内銀行と統一されるものと見込まれている。

 ミャンマー中央銀行のソー・ウイン副総裁は「現在検討中で、利息に関して発言するのは時期尚早だ」とコメントした。ミャンマー商工会議所連盟のマウン・マウン・レー副会長は「ミャンマー企業の経営者たちは国内銀行よりずっと低利で融資が受けられることを期待している」とコメントした。

TCCI181214

最新記事一覧