中国への籾密輸摘発によりミャンマー国内で籾買い取り価格が急落

【政治】【社会】 20181101

 中国への籾密輸摘発により、ミャンマー国内で農家から籾を買い取る際の価格が急落していることがわかった。バゴー管区米協会のコー・コー・ジー会長の発表を7Day Daily紙が10月25日に伝えたもので、密輸摘発前の買い取り価格は100バスケットあたり65万Ksだったが、摘発後に52万Ksに急落したという。

 同会長は「密輸の摘発が雨季米の収穫期と重なったため、買い取り価格が急落している。摘発のタイミングが悪すぎる」とコメン...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧