タイへの不法入国で30人のミャンマー人逮捕

【社会】 2022621

 タイへの不法入国により、30人のミャンマー人が6月19日に逮捕された。DVB Burmese Newsが伝えた。

 調べによると、タイ西部のカーンチャナブリー県サイヨーク郡でミャンマー人の男性12人と女性18人、帯同していた6人のタイ人が逮捕されたという。

 逮捕されたミャンマー人は、タイ国内での就職のためにモーラミャイン、ヤンゴン、バゴー、ラカインなどの各地から入国したもので、ブローカーに15,000~30,000バーツ(およそ57,500~115,000円)の仲介手数料を支払っていたという。

 報道によると、タイ政府はミャンマーへの送還手続きを進めるという。

Premium2207-a

最新記事一覧