マグェー管区で地元軍と国軍が戦闘、警察隊3人死亡

【政治】【社会】 2021505

 マグェー管区ティーリン郡で5月3日から4日にかけて地元軍と国軍との間で戦闘が発生し、警察隊の3人が死亡した。Radio Free Asiaが5月4日に伝えた。

 地元民の証言によると、地元の国民防衛隊と国軍・警察隊の間で銃撃戦が激化し、5月3日に国民防衛隊の隊員2人が死亡、3人が負傷した。4日の午前7時頃から開始された銃撃戦で警察隊の隊員3人が死亡したという。

 ティーリン郡に住む住民は「ティーリン郡内の4つの場所が戦場となり、午後2時まで銃撃戦が続いていた。戦況は国民防衛隊が優勢で、村民の多くは周辺の村に避難している」とコメントした。

Premium2104

最新記事一覧