米国財務省、ミャンマーの国営企業2社に追加制裁

【国際】 2021422

 米国財務省は4月21日、ミャンマーの国営企業2社に対して追加制裁を行うと発表した。Radio Free Asiaが4月21日に伝えた。

 米国財務省の発表によると、追加制裁の対象となったのはミャンマー・ティンバー・エンタープライズ(Myanma Timber Enterprise)とミャンマー・パール・エンタープライズ(Myanmar Pearl Enterprise)の2社。いずれも国軍の大きな資金源であり、2社は米国内の資産が凍結され、米国人との取引が禁止される。

 米国財務省は既にミャンマー・エコノミック・ホールディングス(MEHL)、ミャンマー・エコノミック・コーポレーション(MEC)、ミャンマー宝石公社を経済制裁の対象と指定している。

ネピドーで開催された宝石展示即売会を視察するミン・アウン・フライン国軍最高司令官
Premium2104

最新記事一覧