国軍クーデターは2008年憲法に違反、国際司法裁判所(ICJ)が指摘

【国際】【政治】 2021217

 2月1日に発生した国軍によるクーデターに関して、国際司法裁判所(ICJ)の事務局長が2008年憲法に違反していると発表したことがわかった。7Day Dailyがに伝えたもの。

 事務局長によると、2008年憲法の第417条に「国家が危機に直面した際、大統領が非常事態宣言を発出する」とあり、第418条には「大統...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。

初回に限り7日間完全無料・いつでも解約可能!

Premium21022

最新記事一覧