国軍最高司令官「やむを得ない状況により政権奪取した」と主張

【政治】 2021203

 ミャンマー国軍のミン・アウン・フライン最高司令官は、2月2日に行われた第1回目の閣議において「やむを得ない状況により政権を奪取せざるを得なかった」と発言した。MYANMAR TIMESが伝えた。

 ミン・アウン・フライン最高司令官の発言によると、政権奪取(クーデター)は法律に従い事前に考えていたこと、国軍が何度も緊急議会の開催や総選挙の有権者名簿の不正・不備の問題を解決するように要求したのにも関わらず政権側が拒否したこと、不正に関する確固たる証拠があること、やむを得ない状況に陥ったので政権を奪取するしか方法がなかったことなどを主張した。

©MYNMAR TIMES

Premium2104

最新記事一覧