ミャンマー産マンゴーの包装・低温保存施設を建設、次期収穫から輸出拡大へ

【経済】 2021112

 2021年のマンゴーの収穫期に間に合うよう近代的なマンゴーの包装・低温保存施設が建設されていることがわかった。ダジンヌェー社が発表したもの。MYANMAR TIMESが伝えた。

 発表によると、マンゴーの包装・低温保存施設はマンダレー管区パレイ市近郊のダジンヌェー農場において建設中で、2021年の収穫期から収穫されたマンゴーを洗浄...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。

今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能!

Premium2007

最新記事一覧