ミャンマー人トラック運転手に中国がコロナワクチンを接種

【新型コロナ】【社会】 2021107

 中国保健局がミャンマー人トラック運転手23人に対して新型コロナウイルス用のワクチンを接種したことがわかった。ムセ・ナンカン国境貿易トレーダーズ協会が発表したもの。7Day Dailyが伝えた。

 発表によると、ミャンマー・中国国境を超えて中国側に入るトラックを運転するミャンマー人運転手50人に対し、中国保健局がコロナワクチンを接種するもので、中国雲南省政府貿易局が手配したという。中国保健局は、どのメーカーが製造したワクチンなのか明かさなかった。

 第1陣として30人が接種を受ける予定だったが、糖尿病、心臓病などの基礎疾患があることがわかったため接種できなかった。ワクチン接種を受けたトラック運転手は14日後に第2回目の接種を受ける予定で、ミャンマーで初のワクチン接種者となった。

Premium21022

最新記事一覧