ミャンマー初の地下道、来年2月に完成・開通へ

【社会】 20201126

 ミャンマー史上初となる地下道が来年の2月に完成・開通することがわかった。ヤンゴン市開発委員会(YCDC)のマウン・マウン・ソー議長(ヤンゴン市長)が発表したもの。7Day Dailyが伝えた。

 発表によると、地下道はヤンゴン市内ピィー通りのジャンクションスクエア前と教育大学前を結ぶもので、工事の進捗率は80%となっている。当初、今年12月の完成を目指していたが、新型コロナウイルスの影響で完成が遅れた。

 地下道の長さは427フィート、幅は40フィート、地下道内には店舗が10店入る予定。エスカレーターが3台、エレベーターが2台設置される。停電対策として停電時に非常用電源に瞬時に切り替わるシステムが導入されている。

Premium2007

最新記事一覧