マレーシアでミャンマー人労働者の自殺が増加

【新型コロナ】【社会】 2020625

 マレーシアで働いているミャンマー人労働者の自殺が相次いでいることがわかった。7Day Dailyが伝えた。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、マレーシア国内で多くの工場や店舗が休業しており、大量のミャンマー人出稼ぎ労働者が雇い止めにあったり解雇されているという。失業し収入がない労働者は生活することが困難となり、将来を悲観して自殺に追い込まれているとみられる。5月末にはイポー市内でミャンマー人男性(42歳)が、6月13日にはセランゴール州ラ...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り70日間完全無料・いつでも解約可能)

70th

最新記事一覧