ミャンマー中央銀行が1,200万米ドルのドル買い介入

【マーケット】【経済】 2020622

 ミャンマー中央銀行は、6月15日までの直近の2週間に合計1,200万米ドルのドル買い介入を行ったことを明らかにした。7Day Dailyが伝えた。

 民間銀行関係者は「輸出を促進しているミャンマーにとってドルの価値が下がるのは不利となるため、中央銀行は1ドル=1,400Ksを下回らないようにドル買いを進めている...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。

今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能!

Premium2007

最新記事一覧