牛、水牛が重要物資として指定、移動がさらに困難に

【政治】【社会】【経済】 2020324

 農業・畜産水産・灌漑省は、3月11日付で牛と水牛を重要物資として指定した。7Day Dailyが伝えたもの。

 同省の発表によると、牛や水牛が重要物資として指定されたため、郡から郡、県から県、管区・州から管区・州に移動させる際、それぞれのルールに従って許可を得る必要が生じてきた。例えば、郡から別の郡に移動させるには郡レベルの畜産・検疫局で証明書の取得が必要で、県から別の県に移動させるには県レベルの畜産・検疫局で牛・水牛輸送許可証の原本を提示し、許可書を取得しなければならない。

 ミャンマー畜産業協会のチョーティン副会長は「重要物資として指定されたため、郡、県、管区・州という3つのレベルでそれぞれ手続きをしなければならなくなった。これは我々が希望していたものではない。贈収賄などの不正も起きるだろう」とコメントした。

premium_ad

最新記事一覧