インドへの参拝者2,500人、チャーター機18便で帰国へ

【社会】 2020323

 仏教の聖地インドのブッダガヤに巡礼参拝中のミャンマー人旅行者2,500人以上が足止めされていることに関し、関係者が協議した結果、チャーター機18便により帰国させることがわかった。7Day Dailyが伝えた。

 ブッダガヤに滞在中のミャンマー人旅行者は、ミャンマーの旅行会社3社が手配した2,548人で、インド政府が外国からの旅行者の入国を制限したため、航空会社の多くの定期便が運航できなくなり、足止めとなった。

 ブッダガヤ巡礼旅行委員会と旅行会社が協議を行い、18便のチャーター便を飛ばし、順次帰国させることが決定したという。

e-book

最新記事一覧