ミャンマーが入国規制、日本は制限対象国に含まれず

【国際】【新型コロナ】【経済】【観光】 2020316

 保健・スポーツ省は3月15日、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的流行を受け、感染防止の対策として韓国、中国、イタリア、イラン、フランス、スペイン、ドイツ、アメリカから来る全ての旅行者の入国を禁止すると発表した。

 詳細は、国ごとに規定が異なっているが、概ねこれらの国に過去14日間に渡航歴がある外国人は、入国禁止となり、ミャンマー人の帰国者については施設で隔離されるという。今回の措置では、日本は規定に含まれなかった。

 各国の規定は以下の通り。
 ・韓国・中国:過去14日間で渡航歴のある外国人は入国禁止、ミャンマー人は施設で隔離
 ・イタリア、イラン、フランス、スペイン、ドイツ:渡航歴ある人は国籍関係なく施設で隔離
  (外交官は自宅隔離)
 ・アメリカ:渡航歴ある人は14日間監視

画像は保健・スポーツ省のFacebookより

新型コロナウィルス関連の最新情報は
下記にてご確認ください

MJ ONLINE 最新ニュース
70th

最新記事一覧