ヤンゴン証券市場、3月から外国人の株売買が解禁に

【マーケット】【経済】 2020226

 ミャンマー証券取引監督委員会は、3月1日から外国人による株式の売買を解禁すると発表した。同委員会のテー・チュン委員の発表を7Day Dailyが伝えたもの。同委員会は2019年7月12日に外国人による株売買を解禁すると発表していたが、手続きなどの準備のため実際の解禁が遅延していた。

 現在ヤンゴン証券取引所には、ファースト・ミャンマー・インベストメント(FMI)、ミャンマー・ティラワSEZ・ホールディングス、ミ...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧