日系2社を含む3社がティラワ経済特区への入居計画を撤回

【経済】 2020226

 日系企業2社を含む外資企業3社がティラワ経済特区への入居計画を撤回したことがわかった。ティラワ経済特区管理委員会のシュエ・ヘイン事務局長が発表したもの。7Day Dailyが伝えた。

 入居計画を撤回したのは日本とミャンマーの合弁企業2社(洗剤製造工場、製靴工場)とシンガポール100%外資企業(データセンター事業)の3社。シンガポール企業は定められた6か月以内に資本金800万米ドルを払い込...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧