ミャンマー初の地下道、12月末までに完成

【社会】 2020226

 ミャンマーで史上初となる地下道の建設工事がヤンゴン市内で進んでおり、12月末までに完成することがわかった。ヤンゴン市開発委員会のウィン・ミン・タン委員が定例記者会見で発表したもの。7Day Dailyが伝えた。

 発表によると、地下道はヤンゴン市内カマーユッ郡区ピィー通りのTTC高等学校前で建設されているもので、完成すれば交通量の多いピィー通り(幅77フィート)を地下で渡ることができる。地下道には商店街が開業する予定で、障がい者や車いす利用者のためにスロープを設け、バリアフリー構造になるという。

 地下道の建設工事のため、2月下旬から一部車線が通行不能となり渋滞が発生する見込みだが、ミャンマーで初の地下道となるため、市民から注目されている。

70th

最新記事一覧