公務員への車輸入特例が撤回に、中古車市場の売買回復

【経済】 2020220

 公務員に対して車の輸入パーミット(輸入ライセンス)を付与するという政策が撤回されたことにより、ヤンゴン市内の中古車売買の市場が元の状態に戻りつつあることがわかった。関係者の話を7Day Dailyが伝えた。

 ミャンマー政府は1月2日に総局長以上の高級官僚または勤続25年以上の公務員に対して無税で車を輸入できるパーミットを与えると発表したが、中古車市場に与える影響が大きく、車売買関係者らが反対したこともあり1月30日に撤回していた。

...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り70日間完全無料・いつでも解約可能)

70th

最新記事一覧