ミャンマー中央銀行がオフショアローンの規定を変更

【経済】 2020219

 ミャンマー中央銀行が、オフショアローンの規定を変更したことが明らかになった。今回の変更では、MIC認可企業とそれ以外の企業で区別が設けられたことが特筆される。

 従来のオフショアローン認可条件は、資本金の払込額が500,000米ドル以上であることや、資本と負債の比率が1:3~1:4程度であることが規定されていたが、今回の変更では資本金の払込額については、MIC認可企業は500,000米ドル超であること、DICA登録企業は50,000米ドル超であることが求められ、資本と負債の比率については、MIC認可企業は1:4以内、DICA登録企業は1:3以内であることが規定された。

 申請に必要な書類やその他の規定については、新会社法施行に伴い一部の用語が変更されたものの、その概要に大きな変更はない。

70th

最新記事一覧