国内銀行に預金量が増加、預金残高は45兆Ksに

【経済】 2020204

 ミャンマー国内の政府系・民間銀行への預金量が順調に伸び、2019年6月末の時点で国内銀行の預金総額が45兆Ksに達していたことが明らかになった。7Day Dailyが伝えた。

 ミャンマー中央銀行のレポートによると、2019年6月末時点の預金総額は45兆Ksで、そのうち27兆Ksが大型プロジェクトや大企業への融資に充てられているという。2019年1月1日から6月30日ま...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。

今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能!

Premium2007

最新記事一覧