ヤンゴン管区内に建設予定の火力発電所3か所は中国勢が事業権を獲得

【社会】【経済】 2020113

 暑季の電力不足を解消するためヤンゴン管区内で建設が予定されている3か所の火力発電所に関して、中国勢が事業権を獲得したことがわかった。The Daily Elevenが伝えた。

 電力・エネルギー省の発表によると、ヤンゴン管区内に建設予定の火力発電所はタンリン、タケタ、アロンの3郡区で、タンリン天然ガス火力発電所(350MW)およびタケタ天然ガス火力発電所(4...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower_Ad1912

最新記事一覧