ラカインの武装勢力が国会議員を拉致監禁した理由を発表

【政治】【社会】 20191126

 ラカイン州の少数民族武装勢力であるアラカン軍(AA)が、チン州選出民族代表院のホェ・ティン議員を拉致監禁した理由について発表した。The Voiceが伝えた。

 発表によると、拉致監禁した理由として
1.ホェ・ティン議員はAAの名誉を失墜させる意図で世界に向けてウソの情報を発信していること
2.ミャンマー国軍の代弁者のような言動を繰り返していること
3.民族間で憎悪を増長させるようなヘイトスピーチを行っていること

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧