ヤンゴン市高架式道路の落札者発表が延期に

【ローカル】【社会】 20191125

 ヤンゴン市高架式道路建設計画に関する入札について、落札者の発表が大幅に延期されることがわかった。建設省のチー・ゾー・ミィン副総局長が発表したもの。7Day Dailyが伝えた。

 チー・ゾー・ミィン副総局長は「規則を含む契約書の作成に時間がかかっている。12月に契約書の原案を発表し、落札者は来年の2月末から3月初旬にかけて発表する。これより遅くなることはない」とコメントした。

 ヤンゴン市高架式道路は市内ダウンタウンからヤンゴン~マンダレー高速道路に接続させる全長47.5kmの道路で、第1期として本線19km、東西連絡道6km、ヤンゴン国際空港連絡道2.5kmが含まれる。第1期の入札では、フランス、韓国、日本、タイ、ミャンマー、中国から12社が提案書を提出している。

M-Tower_Ad1912

最新記事一覧