特定技能労働者の獲得のため日本側から打診

【社会】 20191122

 10月27日にミャンマーで初めて行われた特定技能評価試験(宿泊業)の合格者発表に先立ち、日本の宿泊業界からミャンマー側の送り出し機関に対して打診があったことがわかった。7Day Dailyが伝えた。

 送り出し機関(海外労働者派遣会社)ヘインティッサー社のチョー・ミン・ウー社長は「合格発表があったら、すぐに求人情報を送ってもらうことになっている。ミャンマー側で十分な準備...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。

今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能!

Premium2007

最新記事一覧