電力・エネルギー省、中国企業と売電契約に調印

【政治】【社会】【経済】 20191115

 電力・エネルギー省は11月5日、中国企業のチャウピュー・エレクトリック・パワー(KPEP)と売電契約に調印した。The Daily Elevenが伝えた。

 KPEP社はミャンマー地場のSupreme Groupとの合弁企業で、ミャンマー西部ラカイン州のチャウピューに天然ガス発電所を建設する。電力・エネルギー省との契約はBOT(建設・運営・譲渡)方式で、発電能力は135MW。2022年の完成を見込んでいる。ネピドーで行われた調印式...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower_Ad1912

最新記事一覧