ヤンゴン市内バス運営会社の株主総会が大荒れに

【ローカル】【社会】【経済】 20191111

 ヤンゴン市内バスの運営会社であるヤンゴン市公営バス会社(YUPT)の株主総会が大荒れとなったことがわかった。The Daily Elevenが伝えた。

 株主総会に出席した株主の話によると、大荒れとなった原因は
・YUPTが発足して3年を経過したが、3年連続で赤字が続き配当が60万Ksしかないこと
・YUPTは民間とヤンゴン管区政府の出資で設立されたが、ヤンゴン管区政府が任命した社長(ゾートゥン氏)に社長としての...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧