ヤンゴン国際空港への入国者数が前年比6.5%増

【経済】【観光】 20191030

 2019年1月1日から9月30日までの9か月間で、ヤンゴン国際空港への入国者数が前年と比べて6.5%増加していることがわかった。The Daily Elevenが伝えた。

 同空港を管理・運営するヤンゴン・エアロドローム・カンパニー・リミテッド(YACL)の発表によると、2018年1月1日から9月30日までの入国者数は432万人だったが、今年の同期間は460万人に増加(増加率6.5%)した。ヤンゴン国際空港に乗り入れる中国の航空会社が急増したことにより、中国からの観光客が大幅に増えたことが要因と考えられる。

center_bn_premium

最新記事一覧