バゴー管区首相が問題発言を連発、教育関係者から非難の声

【政治】【社会】 20191024

 バゴー管区政府のウイン・テイン首相が問題発言を連発し、教育関係者などから激しく非難されていることがわかった。7Day Dailyが伝えた。

 問題発言は、10月5日に首相がバゴー管区ナッタリン郡内の小中学校を視察した際に飛び出した。同首相は「田舎の小中学校に赴任する女性の教師をその土地に永く住ませるために地元の男たちはその女性教師を積極的に口説くべき」と演説し、周囲を唖然とさせたという。この発言内容に対して教育関係者から激しい非難の声が上がっている。同首...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧