ティラワ経済特区、200ヘクタール分拡張へ

【経済】 20191023

 ティラワ経済特区(SEZ)のゾーンAとゾーンBの開発・土地の販売が完了した後、新たに200ヘクタール分を拡張する計画があることがわかった。ティラワSEZを開発するミャンマー・ジャパン・ティラワ・デベロップメント(MJTD)の清水禎彦社長が発表したもの。The Daily Elevenが伝えた。

 同社の中期計画によると、ゾーンAおよびゾーンBの土地の販売を遅くとも2021年中に完了させ、その後経済特区の南側に位置する200ヘクタール分の土地を新たに開発するという。同社によると、9月末...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧