銀行不安で金相場価格が130万Ksを突破

【ローカル】【経済】 2019917

 国民の間で銀行に対する不安が広がったことで金への需要が高まり、9月5日には1ビス(約16.5グラム)あたりの金相場価格が130万Ksを超えたことがわかった。7Day Dailyが伝えた。

 マンダレー金取引業協会によると、8月5日の金価格は1ビスあたり1,154,000Ksだったが、9月5日に1,307,000Ksを超えた。1か月で15万Ksも上がったことになる。同協会のテイ...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧