ミャンマー随一の高僧、バガンの世界遺産登録を批判

【ローカル】【社会】 2019813

 ミャンマー随一の高僧であるティー・ダグー師が、バガンの世界遺産登録に関して批判する説法を行ったことがわかった。7Day Dailyが伝えた。

 ティーダグー師は7月27日にピンウールイン市内で行った説法会で「バガンが世界遺産として登録されたが、どうして名誉なのか。ミャンマー固有の遺産をミャンマー国民自身が保護、維持するのなら誇ることが...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧