水力発電所の発電量減少で計画停電を強化

【ローカル】【社会】 2019617

 雨季に入ったがミャンマー中部での雨量が少なく水力発電所の貯水量が減っているため、発電量が減少している。このため、ヤンゴン管区内でも6月20日まで計画停電を強化すると電力・エネルギー省が発表した。7Day Dailyが6月13日に伝えた。

 発表によると、ミャンマー中部のマンダレー、ネピドー、シャン州などの...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧