「一帯一路」の一環で中国が38のプロジェクトを提案

【国際】【政治】【経済】 2019612

 中国が進めている「一帯一路」巨大経済圏構想の一環として、ミャンマー国内で38のプロジェクトを提案していることがわかった。民族代表院のサ・キン・ゾー・リン議員が発言したもの。7Day Dailyが伝えた。

 同議員によると、38のプロジェクトのうち3つのプロジェクトはすでに進行中で、6つのプロジェクトがミャンマー政府内で検討中の段階という。進行中のプロジェクトは、ムセ・マンダレー高速鉄道、チャウピュー経済特区開発計画、中国国境ゾーンの開発計画の3件。ムセ・マンダレー高速鉄道は201...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録(有料)してください。

M-Tower

最新記事一覧