タイPTTが合弁でガソリンスタンド70か所を開業へ

【企業】【経済】 2019612

 タイのエネルギー小売り大手のPTT(旧タイ石油公社)がミャンマー財閥のカンボーザグループと合弁し、ガソリンスタンドを70か所開業する。6月9日に行われた両社の記者発表を7Day Dailyが伝えた。

 発表によると、PTTとカンボーザグループ傘下のブライター・エナジー(Brighter Energy)が合弁会社を設立し、2020年までにティラワ地区にガソリンやLPガスの貯蔵施設を建設、2023年までにミャンマー...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録(有料)してください。

center_bn_premium

最新記事一覧