ヤンゴン投資フォーラムで新規プロジェクト19案件に調印

【経済】 2019515

 5月10日~11日にロッテホテルにて開催された「第2回ヤンゴン投資フォーラム2019」において、新規プロジェクト19案件に調印が行われた。7Day Daily紙が伝えた。

 ヤンゴン管区政府と香港、台湾のコンソーシアムが5億米ドルを投じて開発する「ヤンゴン・タンタビン・ハイテク工業団地」に関する覚書(MOU)をはじめ、地場のニュー・シティ・デベロップメントと中国のBauing International Construction Investmentによるレグー郡・ザヤックィン工業団地(約700エーカー)およびダゴンニュータウン(東部)マリッ村で行われるニュー・シティ・ライト工業団地(約550エーカー)の開発計画、国内企業と中国企業によるヤンゴン・シティ・リニューアル計画、ヤンゴン建設資材供給センター計画、タイのホテルグループと地場のKHAによるホテル建設計画、地場のハンタワディ・デベロップメントとSouth Asia Future Developmentによるハンタワディ工業団地の開発計画、インド企業と地場のKHAによるエーワディ管区内3か所の工業団地開発計画など延べ19のプロジェクトに関する契約書に調印が行われた。

center_bn_premium

最新記事一覧