ファーウェイ、ミャンマーで最新携帯端末を販売開始

【企業】【情報・通信】 2019419

 中国のファーウェイは4月7日、同社の最新携帯端末である「P30 Pro」の販売をミャンマー国内でも開始した。7Day Daily紙が伝えたもので、発表によると、ミャンマーにおける販売価格は1,499,000Ksで、Androidスマホでは韓国サムスン社製の「Galaxy S10+」(2,499,0000Ks)に次ぐ高額機種となった。

 P30 Proの特徴はライカが技術提供しているカメラ性能の高さで、4,000万画素の広角カメラ、2,000万画素の超広角カメラ、800万画素の望遠カメラに、3D情報を取得できる「ToFカメラ」が搭載されている。望遠カメラの焦点距離は125mmになり、光学ズームは5倍、ハイブリッドズームは10倍へと進化を遂げている。

center_bn_premium

最新記事一覧