ミャンマー投資委員会、7件・1.8億米ドルの投資案件を承認

【経済】 2019227

 ミャンマー投資委員会(MIC)の会議が2月20日に行われ、タウン・トゥン委員長をはじめとする10名のメンバーが出席した。国営紙Global New Light of Myanmarが2月21日に伝えた。

 会議では、オランダの畜産、中国の受託栽培による水稲種子の栽培と生産ならびに販売、香港のニットウェアの製造、韓国の工業団地開発および運営など7つのプロジェクトが決議に諮られ、総額182,629,000万米ドルの投資が承認された。これらの投資案件により、3,500件以上の雇用創出が見込まれている。

center_bn_premium

最新記事一覧