ミャンマーで採取した食用穴燕の巣が初めてシンガポールに輸出

【経済】 2019220

 ミャンマー南部のタニンダーリ管区ベイ諸島で採取された鳥の巣(食用穴燕の巣)が初めてシンガポールへ輸出されたことがわかった。The Voice紙が伝えた。

 経済・貿易省のキン・マウン・ルイン次官補の発表によると、今回輸出された鳥の巣は黒い色のタイプで、1kgあたり470米ド...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録(有料)してください。

center_bn_premium

最新記事一覧