ミャンマー人労働者派遣に関する協定書、3月末に調印へ

【政治】【社会】 2019214

 日本へのミャンマー人労働者派遣に関する2国間の協定書の調印が3月末に行われることがわかった。国営新聞「Myanma Alinn」が伝えたもの。

 労働・入国管理・人口統計省のテイン・スェー大臣は2月5日、ネピドー市内で在ミャンマー日本国大使館の丸山市郎大使と面会し、ミャンマー人労働者(特定技能労働者)の日本への派遣に関して協議が行われた。

...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録(有料)してください。

M-Tower

最新記事一覧